PRODUCTS 製品情報

PRODUCTS

製品情報

ラッピングフィルムと研磨装置の技術で多様な加工を実現

ラッピングフィルムは、多種多様な材質に対応できるように、幅広いラインナップから選択でき、目的にあった粗さ仕上げが可能となります。
また、サンシンのフィルム研磨装置に組み込むことにより、安定したクオリティを実現できます。

外形加工

外径加工

テープ巾やテープのあて方を変えることにより、あらゆる種類、形状の外径部を研磨できます。主に自動車部品各種シャフトの最終仕上げ工...

内径加工

内径加工

特許取得済みである弊社独自のテープ巻取り方式により、ワーク内径を研磨します。対応可能な内径サイズは、他工法では困難なφ12mm...

球面加工

球面加工

ワークを旋回させることにより、球面等の曲面にも対応できます。テープ自体は薄く、柔らかいので曲面であってもテープがワークにならう...

平面加工

平面加工

粗さ向上だけでなく、平坦化や突起物の除去等にも多用されています。電子基板等濡らすことが不可能なワークであっても、テープを送りな...

ボールねじ・ナット

ボールねじ・ナット

従来、ボールねじの最終工程は砥石研磨若しくは手仕上げでの作業でしたが、特許取得済みである弊社テープ研磨を最終工程に用いることに...

クランク・カム

クランク・カム

エンジン部品であるクランクシャフト、カムシャフトをテープ研磨することにより表面形状、精度を向上させ最適な粗さを得ることが可能で...

モータ各部切削・研磨加工

Vブロック方式によるコミュテータ・ロータ外径切削と
モータ軸のフィルム研磨加工を実現

Vブロック受けとベルトドライブによる高精度なコミュテータ切削、ロータ外径切削、両軸のフィルム研磨を実現できます。

Vブロックによるシャフト両軸受けと、回転ベルトによるワークドライブ 構造のため、旋盤加工に比べ芯振れが少なく、真円度3μm以内のコミュテータ切削及び真円度10μm以内のロータ外径切削が可能です。 また、研磨フィルム方式によるモータ両軸の研磨が可能です。 お客様の要望により、作業者による手投入の半自動工法とリフト&キャリアー方式による全自動方式も対応できます。