1. HOME
  2. 会社案内
  3. 会社沿革

COMPANY

会社案内

会社沿革

1957年(昭和32)10月 株式会社三信特機製作所創設。
1975年(昭和50)2月 営業及び設計・電装を切離し、株式会社三信商工を設立、販売強化を図る。
1986年(昭和61)11月 フロッピーディスク及びハードディスク両面ラッピング機の開発で“新潟県技術賞”を受賞する。
1987年(昭和62)11月 株式会社三信特機製作所・株式会社三信商工を合併し、社名を株式会社サンシンとする。
1989年(平成元年)6月 シャフトのピン・ジャーナル部の超仕上装置の製作を始める。
1990年(平成2)5月 球面レンズテープラップ装置の製作を始める。
1990年(平成2)11月 カラー液晶板向けテープラップ装置の製作を始める。
1994年(平成6)8月 光ファイバー端面テープラップ装置の製作を始める。
1995年(平成7)9月 テープ式PDP研磨装置の製作を始める。
1997年(平成9)3月 DVD張り合せ装置を開発、納入を始める。
1997年(平成9)10月 中小企業創造法の認定を受ける。
1997年(平成9)12月 テープ式内径超仕上装置の開発・納入を始める。
1998年(平成10)3月 新潟県新産業創造事業投資認定企業となる。
2000年(平成12)3月 精密フィルムの研磨剤と研磨装置の研究開発で”新潟県技能賞受賞”。
2004年(平成16)3月 自動車関連に特化した装置作り開始。
2005年(平成17)6月 クランクシャフトラッピング機の製造販売。
2008年(平成20)12月 新社屋完成。
2009年(平成21)10月 「2009元気なモノ作り中小企業300社」に選出される。
2010年(平成22)7月 平成22年度長岡市フロンティア事業採択される。
2011年(平成23)9月 SFM、スーパーフィッシャーミニの外径ラップユニットの開発販売
2012年(平成24)9月 長岡市フロンティアチャレンジに平面研磨装置FTL-5Dが採択される。
2013年(平成25)3月 センターレス研磨機(CLP-300)を開発。
2013年(平成25)3月 テープ式平面ラップ機(TCM-150SD)を開発。
2013年(平成25)3月 内外径仕上機(MFIL-V)を開発。
2013年(平成25)12月 カムラップ機の開発販売。
2014年(平成26)11月 ボールネジ軸、ナット溝ラップ機の開発販売。
2015年(平成27)2月 新連携の認定を受ける。
2015年(平成27)12月 降雪対応式太陽光パネルの設置を完了し、発電を開始。
2016年(平成28)1月 第33回優秀経営者顕彰式にて「日刊工業新聞社賞」を受賞。
2016年(平成28)4月 NAZE「豪技2016」にボールねじテープ研磨装置が認定される。
2016年(平成28)11月 精密工学会北陸信越支部の「技術賞」を受賞。
2017年(平成29)12月 経済産業省の「地域未来牽引企業」に選定。
2018年(平成30)5月 本社事務所改装。